Semaltは、知っておくべき3つの主要なWebスクレイピングアプローチを提供します

Webスクレイピングは、Webハーベストおよびデータ抽出とも呼ばれ、ネットから情報を抽出する方法です。 Webスクレイピングソフトウェアは、ハイパーテキスト転送プロトコルを使用して、またはさまざまなWebブラウザーを介してインターネットにアクセスします。特定の情報が収集およびコピーされます。その後、中央データベースに保存されるか、ハードディスクにダウンロードされます。サイトからデータを取得する最も簡単な方法は、手動でダウンロードすることですが、Webスクレイピングソフトウェアを使用して作業を完了することもできます。コンテンツが数千のサイトまたはWebページに分散している場合は、import.ioとKimono Labsを使用して、要件に応じてデータを取得および整理する必要があります。ワークフローが定性的でより複雑な場合は、これらのアプローチのいずれかをプロジェクトに適用できます。

アプローチ#1:DIY:

オープンソースのWebスクレイピング技術は多数あります。 DIYアプローチでは、開発者とプログラマーのチームを雇って作業を完了させます。彼らはあなたに代わってデータ削るだけでなく、ファイルをバックアップします。この方法は、企業や有名企業に適しています。 DIYのアプローチは、コストが高いため、フリーランサーや新興企業には適さない場合があります。カスタムWebスクレイピング技術を使用すると、プログラマーや開発者が通常の価格よりも高くつく場合があります。ただし、DIYのアプローチでは、高品質のデータを提供できます。

アプローチ2:Webスクレイピングツールとサービス:

ほとんどの場合、人々は作業を完了するためにWebスクレイピングサービスとツールを使用します。 Octoparse、Kimono、Import.io、およびその他の同様のツールは、小規模および大規模で実装されています。企業やウェブマスターは、ウェブサイトからデータを手動で取得することさえできますが、これは、プログラミングやコーディングのスキルが高い場合にのみ可能です。 Chrome拡張機能であるWeb Scraperは、サイトマップの作成やサイトのさまざまな要素の定義に広く使用されています。 1つになると、データはJSONまたはCSVファイルとしてダウンロードされます。 Webスクレイピングソフトウェアを構築するか、既存のツールを使用できます。使用するプログラムがサイトをスクレイピングするだけでなく、Webページもクロールするようにしてください。 Amazon AWSやGoogleなどの企業は、無料でスクレイピングツール 、サービス、公共データを提供しています。

アプローチ#3:サービスとしてのデータ(DaaS):

データスクレイピングのコンテキストでは、サービスとしてのデータは、顧客がカスタムデータフィードを設定できるようにする手法です。ほとんどの組織では、スクレイピングされたデータを自己完結型のリポジトリーに保管しています。ビジネスマンとデータアナリストにとってのこのアプローチの利点は、新しい包括的なWebスクレイピングテクニックを紹介することです。また、より多くのリードを生成するのに役立ちます。彼らは信頼できるスクレーパーを選択し、トレンドのあるストーリーを見つけ、データを視覚化して問題なくそれを配布できます。

ダウンロード可能なWebスクレイピングソフトウェア

1. Uipath –これはプログラマーにとって完璧なツールであり、ページナビゲーション、フラッシュの掘り起こし、PDFファイルのスクレイピングなど、一般的なWebデータ抽出の課題を超えることができます。

2. Import.io –このツールは、ユーザーフレンドリーなインターフェースで最もよく知られており、リアルタイムでデータをスクレイピングします。 CSVおよびExcelフォームで出力を受け取ることができます。

3. Kimono Labs –希望のWebページ用のAPIが作成され、ニュースフィードや株式市場から情報を取得できます。

mass gmail